職場環境

子供を保育園に預けたいと思っても、その競争率の高さから保育園に入れないことがしばしばあります。それは、保育園の数も足りないのでしょうが、実際に現場で働く保育士の数も足りないということが現状にあります。現場では、保育士不足についてどのように対応しているのでしょうか。

保育園で働くのは、主に保育士です。保育士の平均的な給与は、オフィスで働くような会社員に比べて少ないと言われています。しかも、時間的な拘束が長かったり、保護者への対応が難しかったりと、平穏無事に園児の対応だけをしていればいいというわけではありません。

このように課題が多くありそうな保育士の職場環境でありながら、やりがいを持って保育士として活躍している方も多いのが現実です。子どもが好き、成長する姿を見るのが嬉しい。などと、やりがいの部分も多くあるのがこの業務です。保育園を経営する側もこの職場環境を改善するように、動きが出ています。やりがいをアップさせるために、研修制度を整備させ、ステップアップ出来る意識を高めています。また、保育をしない給食調理や清掃スタッフの雇用への補助金を出し、保育士の業務量を軽減させる取り組みや有給休暇を取得しやすい休暇制度の整備など、職場の環境を変えていく取り組みをする保育園が多く存在してます。