資格の取り方

「小さい子どもが好きだから」という動機から、保育園で働きたいと思う方も多いのではないでしょうか。保育園で子どもの保育を担当するには、保育士という資格を取得する必要があります。それでは、保育士として働く前の準備段階として資格を取得するにはどのような手順や特徴があるのでないでしょうか。

保育士資格の取得方法は主に2つあり、都道府県知事の指定する保育士養成機関で所定の科目を修め、卒業する方法と保育士試験を受験して合格する方法があります。保育士試験を受験する方の中には、保育士への転身を目的に保育士になろうと決して受験する方も多いです。この保育士試験の合格率が都道府県別に出ていますが、どこも平均して20%台と高い数字ではないようです。これは、保育士試験科目数が6科目もあり、難しさを表しています。しかし、合格点を超えた科目の免除制度があり、科目合格を増やしながら複数回受験して合格を手にするケースが多いのが実際です。年に2回、春と秋に試験が行われるので、挑戦できる機会も増えます。

また、以前は高等学校を卒業した程度で受験資格が与えられていましたが、短期大学卒業程度に引き上げられました。それから、勤務経験により受験資格を得られる場合もあります。ということで保育士は、より経験と知識が求められる資格となっています。